日本肥満学会

日本肥満学会

 

会社や学校の健康診断でメタボだという判断をされた方はいらっしゃいませんか?
このメタボかどうかであるかは、実は簡単に判断をすることが出来るのです。
メタボの基準にはさまざまな基準があるのですが、今回は日本肥満学会(JASSO)の基準をご紹介していきたいと思います。
日本肥満学会の基準では、腹囲が男性の場合で85cm以上・女性の場合で90cm以上というのが1つの基準になっています。
その基準を満たしてなおかつ、「血圧130/85mmHg」「中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満」「血糖110mg/dL以上」の3つの項目のうち2つ以上が当てはまれば、メタボだという判断が下されます。
メタボだという診断を受けた場合、食事制限と運動の指導が行なわれます。
メタボの人というのは、食べたいものを好きなだけ食べていたり、運動が苦手なことが多いので、食事制限と運動は非常に辛いものがあり大きな課題となります。
辛い生活を我慢するには、メタボによって起こる健康状態の悪化を防ぐためだ、と自分に言い聞かせるしかありません。
食事制限を行なう際は、目標体重を設定してその体重を維持し続けることが出来る摂取カロリー内で食事をするようにしなければなりません。
メタボ解消のための運動は、体脂肪を燃焼させることがポイントになりますので、有酸素運動を行なうようにして下さい。
食事制限と運動は、2つを同時に行なうことで相乗効果がありますので、早くメタボを解消したいのであれば同時に行なうようにしましょう。